大学受験、問題集などにコメントをつけてみる。英語、数学。

大学受験、問題集などにコメントをつけてみる。

<英語・単語>
・ターゲット
「無難」
「でも、京大・阪大・神戸大・一橋・早稲田のメイン学部・慶応にはぜんぜん足りない」

・鉄壁
「東大・京大・一橋・阪大にあれだけで「届いてる」は、こわい」
「そもそも重すぎる。重量が。」
「判でかすぎじゃね?それにあんな重いの、持ち運ぶ気がなえる。単語集なのに。」
「そして、京大・一橋・東大・阪大にあれだけで「届いてる」、はない」

<英語総合など>
・Rules(英語、総合)
「問題(設問)が陳腐」
「Rules 1なんて、設問レベルはGMARCHよりはるかに下」
「出典のレベルが低い」
「出典が慶応の場合、メイン学部ではないか、やや易の年」

・東進レベル別 問題集 英語 長文。
「改訂するたびに、レベルが下がっていく」
「改訂するたびに、「???(こんな英文、どっから持ってきたんだよ・・・)」な本文になっていく」

・ポレポレ
「無し、ではないが、だいぶ英文が古い」
*書き方、触れていることがだいぶ古い。

・やっておきたい英語長文XXX
「やってれば、あの「和訳」があれば基本的には十分」
「「やっておきたい~」を、「SVOCふってない」、とか言って、けなす塾は、低レベル塾」

<数学>
・基礎問題精講
「この世にいらない」

・白チャート
「この世にいらない」

・標準問題精講
「総問題数、不足してる」    

・フォーカス・ゴールド
「そもそも重すぎる。重量が。」

・一対一対応の数学
「そこまでレベルが高いわけではない」
「最初の20%は、問題がだいぶ私大チック」
「出典が、私大or地方大」
「ネット上の「レベル高い」評価は、アフィリブログの評価のコピペ」
「「一対一は東大レベル」は、解いてない。実は「使ってない」」

ak1kbs.hatenablog.com

 

偏差値は、公立高校受験くらいしかあてにならない。偏差値による判定というものは、そのケースぐらいしか当たらない、の補足。

偏差値は、公立高校受験くらいしかあてにならない。偏差値による判定というものは、そのケースぐらいしか当たらない、の補足。

公立高校入試問題は、「難問」は事実上出せない。
なぜなら、
・対象者が多い。*すごい数。
・注目されている。
・「公」のやっていること。
なので、もしも「難問」や「変わった問題」「クセの強い問題」を出したら、批判が出る、そしてつまるところはその批判に言い返せない。
データも毎年取っている組織や個人もいる可能性があり、仮に難問・クセ強問題を一定数出した場合、「こんなに別の年度より平均点が低い!これは問題だ!」、「こんなひどい点数になっている人がこの年だけ、こんなにいる!」と数字を出して批判される危険性もある。
なので、公立高校入試問題は、「難問」は事実上出せない。(出せても小問で3問とか)
しかし、私立一貫校の中学入試、付属高入試、私大入試では問題視するロジックはない。「私立」だから。
(*民間企業が、「どんな基準で社員採用したって自由」というのと同じ。)
また、国立大学も、上位大学になればなるほど、難易度の高い問題か「難問」を出しても、「考えれば解けます」と「返せる」面がある。あと、「全体に対して出題しているわけではなく」、足切りに合わないレベルに対してだけ出題している、という事実も持っている意味が大きい。
*たとえば、国立の美大や芸大があったとして、その大学が高い基準、および受験時点での独自の才能の有無を選抜基準にしたとしても、そんなに批判は出ない、それと似た感じ。
だから、難問を出すわけにいかず、事実上難問を出せないのは、公立高校入試だけ。
それ以外の入試では、各入試主体が、「これを解ける人に入ってきてもらいたい」という入試問題を作成できる。
さてここで、受験者の多さを誇る模試について考えてみる。
(これは前回の繰り返しになるが)
模試は「ほぼ最低ランクの学校から」「最高ランクの学校まで」同じその模試で「判定を付けようとする」から、
「基礎的問題(ものすごく多くはない)、標準問題(一番出題が多い)、難易度C(ちょびっと)」
ようは、こういうバランスにするしかない。

ところが、私立中、有名私大付属高、上位国立大学、私大全部は、「これを解ける人に入ってきてもらいたい」という入試問題を作成する。必然的に、レベルが高くなるか、問題の特徴が各校強くなる。
実際、東大、一橋の2次の合格最低得点率は、60%くらい。(旧センター試験なら、90%取れてる人もけっこういるランクで、なのに2次試験は60%取れてない人が受験者の6割とかいる、というレベルのものが出ている、ということ。)

よって、問題が必然的にズレる=模試の偏差値の判定であたるわけがない。

(*受験者の多い模試で計れるのは、合格可能性ではなく、「勉強した度合い」)
受験者の多い模試の偏差値などで京大、東京医科歯科大、一橋、東大、慶医、慶應経済、早稲田のメイン学部の「合格可能性」は「計れない」。

*地方旧帝大vs早稲田(地方旧帝大vs慶應
みたいな比較話で、全統記述模試の偏差値を持ち出す塾長は、「そのランクの実態を分かっていない」。

公立高校受験の世界のことしか知らない(塾長)

ak1kbs.hatenablog.com

偏差値。大学受験むけの模試、判定の信頼度、当たるのか?あてになるか。

偏差値。大学受験むけの模試、判定の信頼度、当たるのか?あてになるか。

大学受験や中学受験に関して、受験者数の多い模試の偏差値にこだわられる方も少なくありません。
偏差値という話題が出た時に、多くの人が頭に思い浮かべているのは、公立中学のときに受けた模試とそれでの偏差値。
そして受験先(第一志望)は基本的に公立高校。
その受験パターンならば、多くの場合、模試の偏差値と判定はあてになります。
でも、いわば逆に、その受験パターン限定です。
高校受験でも、受験者の多い模試(*たいていの中学生が受けている模試)で高偏差値の人たちが早大学院慶応志木早大本庄あたりを受けにいって、すごい数落ちているのを耳にした人もいくらかはいらっしゃると思います。
実勢の合格率も事実低いです。
実際、公立中学の中3生がたくさん受けている模試判定では、事実、早慶付高の判定は付きません、あてになりません、当たっていません。
さらに、中学受験では基本的に、よくある模試の偏差値、判定は合否判定についてあてにはなりません。
特に、麻布中、駒東中、筑駒中、灘中については、あてになりません。
入試で出題されるものと、模試の問題の「質」が違いすぎるからです。
大学受験についても、模試は、1つの模試で、国士館大~東大までの判定を「つけようとする」ので、どうしても出題バランスが特定の配分にならざるを得ません。
つまり
「かなり基礎的な問題標準問題多め(要求単語力、数学での要求処理量はマイルド)ちょこっとだけ難易度C問題。」

要するにこういう出題バランスにするしかない。

でも実際には
東大(理類)数学。
難易度B(量普通)
難易度B(処理量多)
難易度B(処理量多)
難易度C(方針重要)
難易度C(処理量多)
難易度C(問題の状況複雑)

京大(理系)数学。
やや易(分野はマイナー)
難易度B(方針重要)
難易度B(論理性、記述に要注意)
難易度C(方針重要)
難易度C(新作度高)
難易度C(抽象度高)

わりとこういうような年が多いです。
とくに京大の数学で出るような問題は、模試ではほとんど出ません。
なので、(人数の多い普通の模試で)判定はつくわけがない。
また、東大が良く出している数学の問題も、模試ではあまり出ない。(処理のところを模試はマイルドになるようにしてしまうから)

英語についても、
模試は「かなり基礎的な問題、標準問題多め(要求単語力はマイルド)、ちょびっとだけ難易度C、自由英作文は軽めかありがちなお題」
でも入試では
慶應(経済)、慶應(法)、早稲田(法)、京大、一橋、阪大などは、単語力について、かなり「上級」レベルのものが文中に多くあっても、それらの単語の差し替えなどは基本しません。
つまり模試レベルで止まっていると、「まったく読めない」。
そういう英文を当たり前のように出してきます。
なので、模試の高偏差値では、ぜんぜん計れません。

自由英作文も、一橋、京大、東大、慶應経済、早稲田(法)などは、かなりの確率で、「事前に自由英作文の模範解答を暗記して、その場で単語やフレーズの一部を入れ替える」、ではまったく通用しない問題を出してきます。
なのに、模試の自由英作文は、軽めか、ありがちなお題。
一橋、京大、東大、慶應経済、早稲田(法)などは模試の高偏差値では、ぜんぜん計れません。

ak1kbs.hatenablog.com

 

珍説:ラーメン屋と塾は似ている。

珍説:ラーメン屋と塾は似ている。

「ナニな」(よろしくない)ラーメン屋
(1)自前で具や麺をつくらない
「業務用」スープ「業務用」(汎用)麺「業務用」ラード「業務用」メンマなどがある。
自分の店では、何も作らず、「全部」そういう「業務用」を仕入れて組み合わせるだけ

(2)価格設定がアンバランス。
一番シンプルなラーメンは安いが(なお、「全部」「業務用」を合わせただけ)、ホイコーローとか海鮮炒めが妙に高い。
アルコールを頼むと、必ずしょぼい(+割高)お通しをつけてくる。

(3)営業時間の長さだけ(「延べ客数だけ)で、やっていっている。
出す品物の質は考えない
営業時間数(客数が比例)x客単価
のことしか考えてない
*基本、1日の総客数のことしか考えない
*ものは良くないので、営業時間を長くして、ひたすら総客数をかせぐことしか考えてない。

「ナニな」(よろしくない)塾
(1)オリジナルテキストまったく作らない
市販問題集しかつかわない。
「品物」自社でまったく作らない

(2)料金について「??・・・」となりやすい。
学習計画策定費とか生徒管理費、みたいな請求項目がある。

(3)生徒数のことしか考えてない
単価x生徒数
「売上」のことしか考えない。
出す品物の質考えない

事実、オリジナルテキストはまったく作ってない
市販問題集しかつかわない。品物=オリジナルテキストを自社でまったく作らない。)
最初は、「本音いうと、大学受験って阪大以上志望にして、国立だめだったら早稲田に行く。これ以外なんかあるの?」とか塾長がいっていたのに最近は「4工大おすすめ!」とかいいだしていたり。
注目レベルがブレブレ。
平均実績が伸びないから志望が上のゾーンに訴求できないなので、ターゲットをかなり下にして、生徒数かせごうそれしか考えてない

最初は、「本音いうと、大学受験って阪大以上志望にして、国立だめだったら早稲田に行く。これ以外なんかあるの?」とか塾長いっていたのに、最近は「4工大おすすめ!」とかいいだしていたり。
注目レベルがブレブレ。

ak1kbs.hatenablog.com

 

「あれな」指導者、「あれな」塾の特徴(改)

「あれな」指導者、「あれな」塾の特徴(改)

・「センス」という話題を出す。
(1)指導者がそれ言ったら「あなたいらないじゃん」
(2)定義、測定など、ほぼ不能

(1)よって、塾講師、(教員)にとって、これは禁句。
*あと、これいう人は、「教える人間」として自分にあまい。
*指導者としての力がだいぶ不足している。付けてこなかった。

(2)定義、測定など、ほぼ不能
なので、他人に教える歳になって、こういうことをいうのは「ダサい」。
頭が悪い。
(各人が勝手に思い浮かべてる「センス」でなんか言っている。ということは、論理的に絶対と言っていいくらい、話がかみ合わない。)

センス
指導者が言ったら、指導力を付けてこなかった指導者が逃げで言っている、バカワード。


・「悪問」「きつい」(「クセがすごい」)みたいなことを言うことが多い。
英語、数学、化学、物理の出題分析とかいいながら
「きつい」
「点数取れない」
「クセが強い」
とかだけ言っていることが多い。
「それ、分析になってます?」

・英語、数学、物理の傾向比較とかいっている。でも明確な基準がない。
表つくって、「感覚で」プロットしてる。
*せいぜい、知識量・軸、思考力・軸とかくらいしか書いてない。
*もしくは、難問度・軸、解答スピード・軸とかくらいしか書いてない。
英語、数学、物理の傾向比較とかいっている。でも明確な基準がない。

・講師たちの紹介ページにおいて、大学名のプッシュしかない。学部名は伏せてる。
具体的な大手塾・予備校勤務歴の表記がない。

ak1kbs.hatenablog.com

私大で、良コスパ人生送ってます風だけど、コンプ持ちなおじさん。

〔ある書き込み*全文コピペ。〕
早慶ほどコスパの良い大学はない京大、東工大、一橋、東北大…などの早慶よりも難易度の高い大学は沢山あるが総合力では早慶に軍配が上がる早慶は高学歴としての認知度が圧倒的に高く、都心にあるため情報も入りやすくネットワークが作りやすいコミュニケーション能力や処世術などが自然と身につき、社会システムへの適応のための準備を効率的に行うことができる都会的エリート養成学校である難易度が高くてもド田舎にある京大、名前からして高学歴とは思えない東工大、東京なのに田舎という全てが中途半端な一橋、理系童貞臭のする東北大などは本来もっとリスペクトされるべきだが、何故かパッとしない

この書き込み主についてのわたしのプロファイリング。
早稲田大学にやっとギリ受かった人、ほぼ確定。
*場合によっては、明治大卒とか立教大卒、青学卒とかかも。
・高2までは、京大、一橋を意識していた。
・しかし全く勝負できないことを自覚し、そのあと東北大もちらっと考えたが、数学で無理、と。
・私文確定。
*高3になって、数学捨てた人、とかでしょう。

言葉では、すこしアゲてるけど、京大、一橋、東工大、東北大(理系)を「意味ない」と思わせよう、思わせようとしている。
国立大コンプ、数学コンプ。
おじさんになっても、2024年に↑(「早慶ほど~なぜかパッとしない」)を書かないではいられない人。

(「ダサいおじさん」)
掲示板の大学受験サロン?とかにも書き込みとかしてない?お・じ・さ・ん。

早慶の「利点」として書いていることも、
“情報が~”
“ネットワークが~”
こういう(ただ)デカい(だけの言い方)。
定義不明な内容。
解像度がかなり低い表現。

2流・インチキ経済評論コメントとして言ってる発言とそっくり

早慶の「利点」として書いていること、
“情報が~”
“ネットワークが~”
(言い方がデカい、だけ。定義不明、定義ができない、客観的評価がいわば不可能なもの(そんな論点、「指標」もどき。)

結局、東京一工を受けてさえいないお人。
本当に、東京一工出身な人間だったら、「早慶出というのは、運動部で言えば、レギュラー定着じゃない人」と思ってるから。
東京一工を受けて、不合格で、早稲田にいった人は、旧帝・東工大・一橋サゲ、早慶アゲとかしないし。
「自分の大学受験は、もう一歩だったなあ」、みたいに思ってるから。

要は結局、東京一工を受けてさえいないお人。
地方旧帝大も受けてないお人。

言葉では、すこしアゲてるけど、京大、一橋、東工大、東北大(理系)を「意味ない」と思わせよう、思わせようとしている。
国立大コンプ、数学コンプ。
おじさんになっても、2024年に↑(「早慶ほど~なぜかパッとしない」)を書かないではいられない人。

早慶の「利点」として書いていることも、
“情報が~”
“ネットワークが~”
こういう(ただ)デカい(だけの言い方)。
定義不明な内容。客観的評価が不能に近い論点。

このお方、ほんと、某掲示板の大学受験サロン?だかにも書き込みしてそうなんだよなあ。
こちらは、総論ではなく、データを提示します
早稲田大学(法)最多就職先東京都、または国家公務員・キャリアor一般職。(「地方公務員」をエリート認定するのは、「地方の価値観」。また国家公務員一般職は、民間の派遣社員の子がやるような仕事しか基本しない。課長補佐とかになれる可能性もほぼゼロ。それのどこが都会的エリートなの??
日本五大商社「内定率」上位一橋大学東京大学。(*大手商社高確率で内定取れなくて、それのどこがエリート?

*本ブログ担当者の略歴:一橋大卒。勤務歴=サピックス(小学部)、駿台予備学校(英語科)他。プロ家庭教師。*大学専門課程在籍中に東大(理2)を再受験し、400点超/550で合格。英語+数学でほぼ200点獲得(注:得点開示はない頃ゆえ、自己採点)

ak1kbs.hatenablog.com

 

ネットだけだと。要注意。自称医者、自称東大卒、多いですよ。

マッxxグアプリには偽医者が多い。
最近のカウントによると、マッxxグアプリに登録してる医者の数が実際の医師の数(高齢であまり稼働していない医師の分も含めてである)34万人を越えたとのこと。
実際に医師なら、医学部のときもいそがしいし、やる気のある若手医師ならば、(自分が動いて)嫁探ししている場合ではないし(マッxxグアプリなんてしゃらくさいし)、時間もとれない。(モバイルをポチポチやっているのを同僚に知られると「やる気ない奴だな」となってしまう。)
しかしマッxxグアプリに「目を付ける人間」にとっては、数分で「自分は医師です」になる。
実はただの若い無職男やデイトレーダー風情などが、マッxxグアプリに登録し、「職業;医師」とやることもあるし、さらにやっかいなのは、実は「看護師」である、コメディカルが、「職業;医師」とやり、女を食い荒らしているケースである。

他方、医師狙いの女は、偽医師判定法として、相手に仕事の時する「手袋の大きさ」(形の特徴、使っているメーカー名)を聞いたりもしているが、マッxxグアプリにおいて、実は医師ではなく「看護師」である、コメディカルが、「職業;医師」とやっているケースだと、使ってはいないが、「見て」知ってはいるので、この偽医師判定法をすりぬける。

受験産業人間についても似たようなものはあります。自称東大卒塾長、自称京大卒塾長。大事な判別法は2つ。学内ジャーゴンを正しく言っているかどうか。「東大卒です!」だったら、〔    〕を「正しく言っているかどうか」、京大卒です!だったら〔   〕を正しく言っているかどうか。もう1つは、そのランクだったら経験していること、持っている実感を持っているかどうか。全ての大学を、河合塾の偏差値で並べて比較していたら、その者は多くの場合、東大卒ではありません。東工大卒ではありません。そのレベルをちゃんと目指して、受かるべくして受かった人間なら「第一志望については、河合塾の全統記述の偏差値じゃあ、何も言えないよなあ」と強く感じた経験があるから。卒だといっているのに、この経験がない、(実感がない)ということだから。多くの場合「ただの自称」。(なりすまし))

(なお、東大、京大、一橋卒の場合、早稲田大学や都立大・筑波大・埼玉大学について、世間一般がしている評価より、「だいぶ下に」評価します。*都立大・筑波大・埼玉大学については、「出願したら、もったいない」みたいに感じているから。なので、東京一工を出て、「塾長」などになった場合、「国公立大目指しな」「埼玉大学、ねらい目、コスパいいよ」とかは「言いません」。「もったいない出願」だから。)
(さらに、本当に東大、京大、一橋卒である塾長などであれば、早稲田大・教育学部を受ける、受けさせることもちょっと恥、みたいに感じるものです。理系だと、「東京理科大が最終ラインだよなあ」という感覚のことがほとんどです。本当に東大、京大、一橋卒である塾長などであれば、室蘭工大とか、4工大(私立工大)というのは話題にも出しません。帝京大学くらいのとこでしょ、的に思っているものです。*逆もしかりです。東大卒です、京大卒です、とか言っていて、室蘭工大とか、4工大(私立工大)あたりをプッシュとかしていたら、言っているその学歴はけっこうな確率でただの自称です。価値観がおかしすぎる。)

ak1kbs.hatenablog.com