東大・理2、理1に受かるルート、実態。理2に受かった再受験生、理3を受けたことを自慢してる(だけの)「指導者」。得点の差。東大、理系、勉強法。進度、最低点。

わたしは大学生のときに東大・理2を受け(再受験生の形)、合格しました。
(*自分の状況および親が障害となり(親からの妨害)、入学はできませんでした)

そして、再受験で東大・理2に受かったときの2次試験の点数については、自己採点ですが(*そのときはまだ得点開示はなかった)

英語=95点/120以上

数学=約100点(超)/120

〔4完2半。半答も70%はもらえるような半答〕国語=60点/80以上

国語=60点/80以上

ちゃんと思い出してみたら、現代文は相当見えてた。
理科=約60点/120〔約55点(物理)+1ケタ(化学)〕

(*化学の問題がかなりきつい時期だった。)

よって、95(英)100(数)60(国)60(理)315点(東大・理2、再受験のとき。2次のみの合計点)

1次・2次合計

約404点/550

(理3もありえた?)

それに加えて、東大・理1、理2に合格された、わたしたちの生徒さんたちの共通点を見てみると、

理系でも
・高1おわりまでの時点で、英語の総合問題をいくらかは解いている。(少なくとも東進の「英語長文レベル別問題集4」のレベルを)
(*ただ理系だと、数学、物理、化学という重い科目があるので、英語の演習量は不足している。また、英作文は少しはやってはいるが、自由英作文についてはやれていない。)
・高2では、数学・物理の理解、の段階は終わっていて、普通の入試レベルの経験を積む段階に入っている。「理解」のための時間は不要になってくるので、その分を英語の勉強にまわす。
・高2の終わりまでには、数学については、たとえば、埼玉大学横国の数学の問題は本番として解いてみて、それでだいたい全完。このレベルになっている。
・遅くとも高3の5月ぐらいまでには、物理については、北大とか横国、(理科大)くらいの問題だったらすいすい解ける、このレベルになっている。

*東大、京大、東工大合格ラインの基準からは離れますが、相当に単純化した(むりやりな)基準でいえば、物理、数学、英語に関して「全統記述模試の偏差値で、無理やりみれば」、物理、数学、英語の平均偏差値が66ならなんとか許容。
(ただし、河合塾の全統記述模試は出題範囲が加減されているので、物理・数学について進度としては、現実問題としてそれだけで完全に許容とはちょっと言いがたいです。)

つまり高2までで
数学=横国埼玉大学の数学の問題は本番として解いてみて、それでだいたい全完。
英語=高1でも、総合問題に手はつけている、ただ高1~高2はじめは、数学・物理優先。高2中盤からは数学・物理の「理解」の時間はわりと終了しているので、前より空いた時間で、英語をやる。(総合問題、英作文、自由英作文)
高2おわり~高3はじめの段階で
物理=北大とか横国、(理科大)くらいの問題だったらすいすい解ける(とくに「力学」)。

そしておそくとも高3の5月以降は
・数学、物理は完全に第1志望(+第2志望)の実戦レベルの演習だけずっとやる。
・化学、英語については、第1志望の実戦レベルへの接続、また苦手を埋める演習。
*化学、英語に関しては、「実戦レベル演習」だけやっている形ではない。最終レベルのものをいくらか小分けにやり、できないところの確認、習得をしていく。
・全統記述模試については、高3半ばで「受けていると時間のムダのように感じます。もう受けなくてもいいですか?」という反応。
*そして実際、全統記述模試は卒業。
*なので、生徒さんも指導者も、「学校のランク」をみるときに「河合塾の全統記述模試」の「偏差値では」「考えません」。
*とくにもし「指導者」で、あるラインより上のランクの大学について、「河合塾の全統記述模試の偏差値で」「比較している人」がいたら、その人(指導者)はその生徒さんもその指導者自身も「全統記述模試受けていると時間のムダのように感じます。もう受けなくてもいいですか?」と思ったことがない(レベルの)人、ということです。

・東大実戦、東大オープンでの偏差値はかなり重視する。
・そして現役であっても東大型模試で少なくともC判定は取っている。
私たちの生徒さんは、現役でも「B判定」を取る方がけっこういます。
わたしたちの生徒さんで、東大志望で一番多いパターンは、現役生で東大オープン、東大実戦「判定C⇒判定B」と推移するパターンです。
わたしたちの生徒さんで、東大志望だという生徒さんのうちの20%前後は、現役で東大型模試で「A判定」を取ります。
理系であっても、東大型模試で、英語も最低でも偏差値57は取りたい。(東大実戦、東大オープンでの英語の偏差値、英語も最低でも偏差値57)

東大・理1、理2に合格された、わたしたちの生徒さんたちの傾向
・英語は、高1おわりの時点で少なくとも東進の「英語長文レベル別問題集4」のレベルをある程度は解いている。
(自由英作文については、高1まではいまいち手が回っていない。重い科目である、数学・物理、(化学)優先)
・高2では、数学・物理は入試レベルの経験が蓄積されてきて、数学、物理でいちいち止まるにはならないので、前より空きが出来た時間の分で英語をやる。
*東大、京大、(東北大)は、理系でも英語を軽視していると合格はきつくなります。高2からはちゃんと英語もやりましょう。
・高2の終わりまでには、数学については、たとえば横国の数学の問題は本番として解いてみて、それでだいたい全完。
・高3の5月ぐらいまでに、物理=北大とか横国、(理科大)の問題、すいすい解ける。特に力学。
・高3では、数学、物理=高3の5月からは、完全に第1志望(+第2志望)の実戦レベルの演習だけずっとやる。
・高3では、化学、英語=実戦レベルへの接続、また苦手を埋める演習、最終レベルのことについて。最終レベルのものをいくらか小分けにやり、できないところの確認、習得をしていく(高3、化学・英語)。
・高3で受けた全統記述模試では、英語の偏差値は67以上。
・全統記述模試は高3半ばで卒業。
・現役であっても東大型模試で少なくともC判定は取っている。
*私たちの生徒さんは、東大型模試で現役で「B判定」を取る方はけっこういます。
*東大志望のわたしたちの生徒さんのうちの20%前後は、現役で東大型模試で「A判定」を取ります。
理系であっても、東大型模試で、英語も最低でも偏差値57は取りたい。(東大実戦、東大オープンでの英語の偏差値=最低でも偏差値57)

わたしが東大・理2を大学生のときに再受験し、合格した際の自己採点。

英語=95点/120以上

数学=約100点(超)/120

〔4完2半。半答も70%はもらえるような半答〕
(難易度D問題by「大学への数学」も出た。それも完答。)

国語=60点/80以上

*ちゃんと思い出してみたら、現代文は相当見えてた。
理科=約60点/120〔約55点(物理)+1ケタ(化学)〕

(*化学の問題がかなりきつい時期だった。)

よって、95(英)100(数)60(国)60(理)315点(東大・理2、再受験のとき・2次のみの合計点)

1次・2次合計
404点/550

わたしではないですが、「指導者」で、「東大・理3を受けた」を自慢してるかのような人もいます。

この画像のは(ある指導者)「プラン」の時点ですでに、理3には20点足りてない。

わたしが東大・理2を大学生のときに再受験し、合格した際の自己採点。
英語95点/120以上
数学=約100点(超)/120〔4完2半。半答も70%はもらえるような半答〕
国語60点/80以上
理科=約60点/120

95(英)100(数)60(国)60(理)315点(東大・理2、再受験のとき・2次のみの合計点)

1次・2次合計
404点/550(←私東大・理2を再受験し、合格したときの東大入試「合計得点」)

<弊家庭教師センター>
2022年受験・生徒さんの「進学先詳細

東大・京大・一橋・東工大 に進学
111名(238名中。うち東大=95名

国立大学・医学部・医学科進学旧帝大・医・医をふくむ)
58名

旧帝大に進学。(東大、京大をのぞく。医学部を除く)
計28名

早稲田大学に進学。
計23名
(*「合格者数」の方は、複数学部合格をカウントしています)
(*国立大学にも受かったので、進学はしなかった生徒さんも多数)

慶應義塾大学に進学。
計11名
(うち、医学部・医学科、3名)
(*「合格者数」の方は、複数学部合格をカウントしています)
(*国立大学にも受かったので、進学はしなかった生徒さんも多数)

(238名中、231名が、早稲田、地方旧帝大以上に進学。旧帝大・医学部、国立大学・医学部を含む。)

わたしのネット指導(英語)の
生徒さんの受験結果2022年。
ネット指導、受験生は全5名

東大・理2合格。
東北大学・医学部・医学科合格。
神戸大学・医学部・医学科合格。
東大・文3合格。
一橋大学商学部合格。

(わたしのネット指導・英語)
費用は、(月4回)
毎月お支払いの場合9900円/1ヶ月
*これでも、
大手予備校の現役コースの半額以下。

6ヶ月おまとめお支払いの場合、
割引があり
5万円/6ヶ月。
*大手予備校の60%引きのお値段。

お申し込みはまず、コメント欄にコメントをお書きください。メールアドレス欄にメールアドレスもお願いします。
gmailの「捨てアドレス」でけっこうです。
コメントは、管理者であるわたしが表示許可をするまで、表示はされません。

わたしのネット指導(英語)は
・ただの穴埋め文法問題はやりません。
・早いうちからある程度本格的な英文を
正しく読み取れる練習・指導を重視。
*本文レベルははやい時期でも
埼玉大学や早稲田(商)よりは上。
・英作文、自由英作文に力を入れています。
*自由英作文の予想問題も扱います。

基本的にオリジナル教材。
採点、添削もします。
(月4回)