こたえと基準

<解答例>
SFの性質本質)については、SF作家の間でもSF評論家での間でも、たくさんの議論が(ずっと)ある。
私が提唱できるもっとも満足のいくその定義は、「1つの特徴で区分できるフィクション」であるつまり書き手と読者に正しくないと知られている一般法則またはひとまとまりの(一連の)科学的な事実がその物語の重要な要素になっている、ということである

〔採点基準〕
<1文目>
・SFの性質(本質)
「性質」か「本質」それ以外の訳だったら2点減。

・たくさんの議論が(これまで)ある
この形以外だったら、4点減。

減点される例
「たくさんの議論がされている」
「たくさんの議論が勃発している」
「たくさん議論をしている」
など。(これらは4点減。)

<2文目>
・私が提唱できるもっとも満足のいくその定義は~である、
この形でなかったら3点減。

・つまり書き手と読者に
つまり、が脱落していたら、2点減。
(コロンの訳し方、コロンの意味を無視してしまっているから)

・正しくないと知られている
あまりにも違う書き方をしていた場合は2点減。
*「正しくないと知られているのが「いい」なんて変だ」、と自分の感覚でそこを「改変」したくなって「改変」しませんでしたか?

・一般法則またはひとまとまりの(一連の)科学的な事実
「法則」の訳になっていなかったら2点減。
(原則はぎりぎり許容)
ひとまとまりの(一連の)
脱落させていたら、1点減。

・つまり~ということである。
この形とはっきり違った書き方になっていた場合、3点減。

・その定義は、「1つの特徴で区分できるフィクション」である、~ということである。
これとあまりにも異なった形で書いていた場合、4点減。

*収録語数の多い単語帳をやっている、「単語力」が一番重要でしたか?
*採点して何点でしたか?

「こんな問題、国立のごく一部でしか出ないだろ」と思った方へ。
私大などでも、
1文目の、natureに下線をひき「一番意味が近い単語をえらべ」などときます。
natureの的確な訳をできてないと、私大のそういった選択肢問題で、誤答します。
そういう問題は現に、慶応、早稲田、青山学院、明治、上智、法政などで出されています。

また、2文目については、あまりにも雑に頭の中で訳していると、私大でも、「どういうことか」「いちばん近いものを選べ」という形で出題されて、「なんとなくよさそうな」(ひっかけ用)不正解選択肢を選んで、誤答します。
実際、慶応(法)(商)、早稲田(法)(商)(教育)などで出題されています。

<<当家庭教師センター全体での入試結果>>
2021年入試。

259人中。
東大87名合格。
国立大学・医学部(医学科)54名、合格
東北大学・医学部(医学科)、北海道大学・医学部(医学科)含む。
早稲田大学267人、合格(*複数学部合格をカウント)
慶応大学:178人、合格(*複数学部合格をカウント)
慶応大学は、医学部(医学科)合格8名を含む。

当ブログの筆者の略歴;
一橋大学・卒。(+東大・理2、再受験で合格。*再入学はできず。)プロ家庭教師。講師歴サピックス駿台予備校、医学部専門予備校、など。
ネット指導用英語教材をいろいろ作りました。月4回。費用は、数学・物理=月額で最高でも14000円。英語=月額で最高でも7000円です。(週1回x4回の場合)

各種お問い合わせは、このブログのコメント欄でも受け付けをしています。本ブログコメント欄への書き込みは、管理者が承認するまで「表示はされません」。(個人名をお書きになっても、ブログには非表示のまま私にだけ伝わります